婦人

アガリクスが身体の健康を支える仕組み|毎日摂取する意味

野菜は効率よく摂取しよう

野菜

野菜は健康食品で摂れる

健康維持のために必要な野菜は1日350gであり、うち淡色野菜230g・緑黄色野菜120gという割合で摂るのが好ましいです。一昔前だと1日250g〜300gと言われていましたが、野菜の有する栄養価は年々減少しており、慢性的な野菜不足に陥っている方が増えているのです。野菜不足が長期化すると成人病・ニキビなどのトラブルを招くので、健康食品で補っていきましょう。野菜サプリメント、青汁、酵素飲料など、今は様々な健康食品が登場しており、手軽に野菜不足を補うことができます。野菜ジュースはおいしいですが、甘くて太るのが心配という方は多いでしょう。サプリメントや青汁だとカロリーは極めて低いので、肥満の心配なく毎日摂取できます。

1日数回に分けて摂ろう

食生活はバランスを重視する必要があり、1日1食で栄養素をカバーすることはできません。食事回数を減らしても1日分のカロリーは摂れますが、ビタミン・ミネラル・アミノ酸などは欠乏します。野菜不足対策として健康食品を利用する場合も、複数回に分けて飲んだほうがよいのです。例えば1日の目安量が4粒なら、朝食後に2粒、昼食後に1粒、夕食後に1粒などと調整しましょう。野菜不足が解消すると身体が楽になり、原因不明だった症状が解消したりします。野菜は薬とは異なるため、特定の疾患を治療するものではありませんが、病気にならない身体作りのために重宝します。手軽に野菜不足を解消したいなら野菜サプリメント、ジュース代わりにするなら青汁や酵素飲料がおすすめです。

このエントリーをはてなブックマークに追加